トピックス

血統を守り続けた奇跡の豚肉 彩の国黒豚倶楽部

[2014/10]



極上の風味と甘さは「黒豚の中の黒豚」と賞賛される。ぜひご賞味を

 埼玉を代表する豚肉の一つ「彩の国黒豚」は、きめ細やかな歯切れのよい肉質で、まろやかな甘味が特長だ。特に、白くて滑らかな脂身の美味しさは格別。さっぱりとしているからしゃぶしゃぶで味わうと特長が際立つ。

 彩の国黒豚は、日本で畜産が始まった明治時代に入ってきた英国系バークシャーの純血種。県内で脈々と守り続けられてきた幻とも言える豚肉だ。この貴重な黒豚を守ろうと養豚農家が「彩の国黒豚倶楽部」を設立。エサや肥育方法にこだわり、販売先を開拓するなどして埼玉を代表するブランドに育て上げた。

 同倶楽部は畜産フェアに出店する。ぜひ、こだわりや血統を守ってきた秘話も合わせて味わってほしい。