インタビュー バックナンバー




着ぐるみになっても原点を忘れない
歌って踊る乳(にゅう)ミュージシャン ミルク082のマスコットキャラクター ミルク082くん[2014/10]
自ら伝える食 簡単、うまい、生産者の味
発真の美味しさを伝える試みを続ける越生町の梅農家 山口農園 代表 山口由美さん[2014/09]
広がる食の輪 生産者の思い料理で届ける
発案したレシピが商品化される県立伊奈学園総合高校3年生 渡邉春香さん[2014/06]
郷土の味が人の「根っこ」育てる
NPO法人食育研究会Mogu Mogu 代表理事 松成容子さん[2014/05]
食を応援する 県内産を選んで食べて応援を
埼玉県農林総合研究センター畜産研究所所長 鴻巣 泰さん[2013/10]
身に付ける食 経験と知識を結びつけて
滑川総合高校生活部の夏合宿で調理指導した管理栄養士(県栄養士会会員)五十幡由美さん[2013/09]
人を想う食 食べる人を想って発案する新しい味
牛乳料理コンクールの審査委員を務める料理研究家 篠原淑子さん[2013/06]
ならではの食 「博物館の料理人」の腕を振るいたい
若者発案の牛乳レシピの商品化に挑む
  県立川の博物館のレストラン店長・シェフ 近藤浩行さん[2013/04]
共感する食 食を通じて地域で喜びを共有したい
松女高生のアイデアレシピを障がい者支援に生かす
  東松山市のNPO法人あーとの国プラネット代表理事  野口政子さん[2012/12]
「共食」人とつながる「美味しさ」を届ける
神川町で介護施設などを運営する社会福祉法人神流福祉会理事長  岡泉 淳さん [2012/10]
食の「振興」学校が地域で役割果たす
学校法人今昌学園(県栄養専門学校・県調理専門学校・県製菓専門学校)理事長 今井明巨さん [2012/08]
牛乳に込めた想いを伝えたい
「ふっかちゃん牛乳。」を生産者仲間と商品化した深谷市の酪農家 小林 誠さん [2012/07]
「食育」学校に求められるものは?
桐生大学医療保健学部栄養学科長・教授 笠原賀子さん [2012/02]
今、安心の「シンボル」は何か?
JA埼玉県中央会・連合会会長 鯨井武明さん [2011/10]
宿命から「選択」する農業へ
JA埼玉県中央会・連合会会長 鯨井武明さん [2011/09]
炎の力で食の喜びを伝えたい
東京ガス熊谷支社
クッキングアドバイザー 守屋慶子さん [2011/06]
体験的講義「わくわくモーモー」に取り組む
女子栄養大学教授 田中久子さん [2011/02]
牛乳の応援歌を歌って全国を旅する
ミルク082 村川徳浩さん [2010/06]