〜政治と地域をつなぐ、つなげる〜 島崎ゆたか(自民党さいたま市議会議員(桜区)予定候補)

 

さいたま市議会議員選挙に桜区から立候補します。
自民党の公認をいただき、政治活動を本格スタートしました。

自民党から民主党へ政権が変わった後、さまざまな課題が浮き彫りになりました。
さいたま市でも清水市政が誕生して新しい時代へ大きく舵を切ったものの、地域社会には改革の鈍い痛みが燻っています。

私たちの暮らしに直結する課題が山積する中で、皮肉にも政治は身近になりました。
だからこそ、私たちは一人ひとりの考えや意見を政治に届け、より適切な「決断」を促さなくてはなりません。

私は「地域と政治をつなげること」を理念に掲げ活動していきます。
みなさんの声にしっかりと耳を傾け、腰を据えて議論し、地域の声と政治をつなげます。
みなさんのご支援とご協力をお願いします。

 

◆政策01(官民協働)

地域活動やNPO活動を経済的に支援する仕組みをつくります。

無駄の削減が進む中で、残念なことに地域の魅力を支える活動への補助や助成も少なくなりました。川や自然の保護、本の読み聞かせ、自治会活動などのボランティア活動が元気に継続できるように基金を設立するなど支援します。

 

◆政策02(福祉・雇用・子育て)

桜区役所を「つなぎの場」として活用し、活性化の拠点にします。

雇用や高齢者福祉、子育てなどの分野で進むさまざまな政策的支援を本当に必要としている方へつなげるために、公的施設に「つなぎの場」を設けます。人が集まり話し、ゆるやかにつながることで解決の糸口を自ら探す拠点とします。

 

◆政策03(防災)

地域のつながりを再生し、災害に強い地域社会をつくります。

万一の時、生命だけは必ず守る防災体制をつくります。そのために、顔が分かる人間関係を再生し、地域が一体となったコミュニティづくりを進めます。防犯対策としても有効で、行政とも連携し地域の安全・安心を確立します。

 

◆政策04(環境)

荒川や鴨川を生かし、伝統や文化と融合した環境づくりを進めます。

荒川には貴重な自然が今も残されています。また、桜区の暮らしはかつて荒川や鴨川と深く関わっていました。川が育んだ豊かな自然と伝統や文化を活用し、さらにクリーンエネルギー導入を視野に持続可能な社会環境を創出します。

 

◆政策05(教育)

市内の大学を中心に企業・市民・行政の連携を推進します。

市が進めている大学連携事業をさらに拡充し「コンソーシアム」を設立します。大学、企業、NPO、行政が連携・協働してさまざまな事業を進めることで、交流を深め、互いに創造性を高めながら魅力のある地域社会づくりを進めます。

 
 
理念・政策 プロフィール 後援会 ブログ
島崎ゆたか
携帯サイト
政治と地域をつなぐ、
つなげる

島崎ゆたかの理念・政策
トップページです。
島崎ゆたかのプロフィール 私の活動は、ボランティアのみなさんに支えられています。 携帯HPへのリンク
 
 
Copyright (c) 2011 Shimazaki Yutaka Office. All Rights Reserved.